下條公認会計士事務所 » 後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の年末調整

08/10/13月

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の年末調整

カテゴリー: 記事 — simojo @ 22:35:23

今年も国税庁HPに年末調整関連の帳票が掲載される時期となってきました。今年の年末調整は、前年と比べてあまり変わらないため、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)だけ理解しておけばいいかなと思います。ですから、75歳以上の扶養親族等がいないとか、いても下記記載のように口座振替手続きをしていなければ、前年どおり進めてよいというわけです。なお、新制度としてと省エネ改修工事(住宅ローン控除の一つ)というのがありますが、初年度の確定申告が必要なことから年末調整の対象外となります。

何かと悪評が高い後期高齢者医療制度(長寿医療制度)については、年金収入180万円未満など一定の要件を満たす人が市区町村へ申し出を行えば、口座振替が10月からできるようになったため、例えば会社の従業員が親の保険料を口座振替で支払えば、その従業員が支払った保険料について社会保険料控除を適用できます。

該当する場合には、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の左下の欄に「長寿医療制度」などと記載し支払先市区町村、親の氏名、続柄、金額を記載します。あとは昨年どおりとなります。

1件のコメント »

  1. It’s remarkable in support of me to have a web site, which
    is useful for my know-how. thanks admin

    コメント by resonantmirth3503.snack.ws — 17/06/02金 @ 16:37:51

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

下條公認会計士事務所

Copyright(C)2008 下條公認会計士事務所 All Rights Reserved.